フリーランスは儲かるけどつらい。早く儲かる仕組みを構築しよう。

当ブログでもお伝えしていますが、実質的に今年でフリーランス歴4年目になります。

今までは何とか飯は食えるほどは稼げており、今期は実質年収2000万円の見込みです。まだ純資産1億とまではいかないですが、ある程度の資産も出来つつあります。

お金だけの側面で見ると、サラリーマンの倍程度は稼げています。ただ、独立してフリーランスになると、辛いこともたくさんあるんです。

今後、フリーランスになろうと考えている人に向けてのフリーランスの辛いポイントとどうすれば辛いポイントを乗り越えることができるかをお伝えできればと思います。

フリーランスで辛いのは営業

1番辛いポイントはやっぱり営業ですね。契約や仕事の内容にもよるとは思いますが、基本的にフリーランスって、いつ契約が切られるかわからないんですよ。

システム開発や、建築のプロジェクトなどであれば、物ができて、お客様に納品すれば、契約は終わりで、次の仕事を探す時期は明確にわかります。

しかし、私は現在、納品物ベースの仕事ではない仕事をしており、日々、お客様のニーズが変わり続けていく中で、明確にゴールのない仕事を行なっています。

このようなタイプの仕事は基本的にハイパフォーマンスで、お客様の期待に答え続けることで、契約は続きますが、なかなかこちらで契約をコントロールすることは難しく、契約が切れるリスクが常にあります。

次の仕事がないということはあまり考えづらいのですが、いつ仕事がなくなるかわらないというのはそれなりの精神的な不安に繋がります。

さらに、コンサルタントであれば、高年齢になるほど、マネジメント寄りで高単価の仕事が求められますが、世の中にこれらの仕事がたくさんあるわけではないため、さらにリスクが大きくなります。

サラリーマンであれば、万が一、クライアントから契約が切れても、社内の営業担当者や社内のツテを伝って、仕事はいくらでもあるので、仕事がなくなり、収入がゼロになるリスクはほとんどゼロに近いはずです。

顧客償却の理論

顧客も減価償却と同じで、初めて契約し、継続的にお客様の求めるサービスを提供していたとしても、徐々に受注が減っていき、いつかは契約が切れるという理論です。

そのため、新しいお客様への営業活動は行い続けなければなりません。

基本的には誰も助けてくれない

さらに、何か失敗しようとも、誰も助けてくれません。仕事がなくなり、収入はゼロになります。

リスクを追っているからこそ、会社員よりも収入が多い分、このように収入が一気に減ったり、最悪の場合には赤字や収入がゼロになるケースも大いにありえます。

毎日このようなプレッシャーに耐え続けることはとても辛いことなのです。

同じことだけやっていてはダメ。いち早く儲かる仕組みを構築しよう。

フリーランスとなり、自分だけの力で稼いでいても、稼げる額には限界がありますし、フリーランスの働き方ではずっと、休みなく働き続けなければなりません。

(会社員であっても、働き続けないと収入は途絶えますが。。。)

それではどうしたらよいか。私も現在取り組んでいますが、方向性としては3つ考えられると思っています。

1. 営業・マネジメントのみを行い、自分では手を動かさない。

フリーランスが時間を作りにくい理由は、自分が作業を行なっているからです。受けた仕事を全て自分で完結しているうちは、自分の時間を作ることはできないません。

それではどうするかというと、基本的に自分は営業及びマネジメント業務のみに注力し、仕事をすべて他の人に任せるということです。

ただし、こちらは営業・採用・広報・マーケティングなどさまざまな能力が求められます。簡単にいくらでも仕事が受注でき、他の人に任せても品質が担保される仕組みがなければ、なかなか難しいでしょう。

このような仕組みで成功している人はシステム開発やWEBサイト制作などです。仕事のニーズもたくさんありますし、外部で優秀な人を見つけることも難しくはないようです。

2. 資産運用に取り組む

営業・マネジメント・採用が苦手であるという人は資産運用を極めるということも長期的な目線で言えば、安定するでしょう。

フリーランスで10年間、稼ぎ続けることができれば、1億円ぐらいは貯めることができるはず。それらを資金をして、資産運用を行えば、年収500万円を資産運用で稼ぐことは難しくありません。

さらに、不動産など融資を受けて、レバレッジを利かせることで、1億円で一人で食っていくには十分の年収は稼げるはずです。

ここまでこれば、一時的にフリーランスとして仕事が取れなかったとしても、十分食っていくことができます。

3. 手離れのよい事業に参入する

他にも方法はあります。例えばアフィリエイト・Youtubeなども手離れの良い事業分野です。

また、高単価商品のネット販売、せどり、転売などの分野もまだまだ一人で初めて、仕組みを構築して稼ぐことのできる分野でしょう、

私は煩わしい人付き合いが苦手なため、2と3の施策を中心に取り組んでおり、長期的に安定したいと考います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください