仕事がないときにフリーランスがするべきこと

フリーランスの状態で仕事がなくなった時、案件が切れてしまった時、とても不安になりますよね。

しかし、ある程度資金があれば、一旦立ち止まって、今後の戦略を考えるという選択もできます。

今回は資金余裕度や仕事の有無別に、フリーランスが取り組むべきことを考えてみました。今、仕事がない人は参考にしてみてください。

手許のキャッシュに困っている人

営業する

まず、生活資金の稼ぎに困っている人は、早く次の仕事を見つける必要があります。

フリーランスは基本的に自転車操業状態で、案件が続かないと収入がなくなってしまいます。如何に稼働を減らさないかが大切です。

仕事を自分で取ってこれない時はエージェントサービスに頼るのも大切です。特に、コンサル系、エンジニア系の方は今の市況だと、好き嫌いしなければ、必ず案件はあるはずです。

20%程度の紹介料はとられますが、それでも営業の手間を考えると、営業をお願いするのも、一つの戦術でしょう。

今、仕事に困っていなくても、定期的にコンタクトを取り、ご紹介いただける案件があるかウォッチしておくこともリスクヘッジの観点から大切です。

また、案件に参画し、そこでコネクションを増やし、頼らないようにするなどの戦略もあるでしょう。

私がお勧めするエージェントは以下になります。実際に私も利用させていただきました。

コンサル系

INTLOOP

BTCエージェント

エンジニア系

ギークスジョブ

フォスターフリーランス

エージェントサービスは乱立しており、どこでもよいと考えている人も多いですが、しっかりと選んだ方が良いです。

設立間もない若いエージェントだと、契約周りや交渉力が弱かったりするのでお勧めできません。やはり、実績の多いエージェントのほうが、問題なくスムーズに仕事に取り組めます。

私も出来立てホヤホヤのエージェントとお付き合いした結果、後から経費や報酬が先方都合で減額になったり、悲惨な目にあったこともありました。

手許にキャッシュに余裕がある人

手許にキャッシュのある方は、営業をしながら、自転車操業状態を脱するための戦略を考えてみても良いかもしれません。

新しいビジネスを企画・実行する

今まで取り組みたいと思っていたビジネスがあれば、この期間を使って、一気にビジネスの調査・ビジネスの設計などを進めてみるのも良いのではないでしょうか。

新しいビジネスを立ち上げる時にしなければならないことはたくさんあります。

新ビジネスの市場調査、収支計画の立案、取引先開拓、商品・サービスの企画・立案・具体化、テストマーケティングなどなど。

ビジネスを立ち上げることで、自転車操業状態を脱し、ビジネス仕組みを作ることに時間を割いてもよいでしょう。

会いたいと思っていた人に会ってみる

ビジネスを進める上で、人脈は非常に大切です。

しかし、本当に価値のある人脈は簡単に作れるものではありません。

Give&Give&Giveの精神で先にメリットを与え続けて、良い関係を築き、長期的にリターンを得るというパターンが人脈構築における成功パターンです。

今の時代、有名人でも簡単に会うことができる世の中です。

自分の憧れとするビジネスパーソンにGiveをして、価値のある人脈を構築することに時間を割いても良いでしょう。

旅に出てみる

ビジネスのタネを探すために、旅に出てみるのも良いでしょう。

有名な会社の社長や優秀な会社に幹部で、新しいビジネスのタネを探すために、世界中に旅に出ている人も多いです。

日本国外に出ることで、日本に足りないもの、日本で流行りそうな商品・サービス、逆に旅をした国で流行りそうな日本の商品・サービスが見つかり、新しい商売に繋がるかもしれません。

今後の仕事が決まっている人

次の案件が決まっていて、あまり時間的な余裕がない方は、日々の生活や資金の使い方を見直することをお勧めします。

残っている事務作業もささっと片付けてしまいましょう。

生活効率化&固定費削減を試みる

定期的に自分の日々の生活や資金の使い道を見直すことはとても大切です。

あまり利用していないのに通い放題のジムと契約していたり、利用していないソフトウェアの利用料を毎月支払っていたりするものです。

私も先日、私用パソコンのOffice 365 Soloの契約を解除しました。Office 365 Soloは月額1万円以上するので、これで年間12万円以上の節約です。

また、コストだけではなく、時間を節約するための方法を考えることも大切です。

例えば、まだ現金で支払いを行なっている人はキャッシュレス支払いに変える手続きを行いましょう。

キャッシュレスに変更するだけで、日々のお買い物がポイントでやすくなりますし、帳簿管理が簡単になったり、支払いの手間が減ったり、ATM手数料が減ったりして、一石四鳥でしょう。

残っている事務処理を完了する

会社員はフリーランスと違って、事務的な処理が増えます。会社員であれば、社内の経理部門が諸々も手続きを代行してくれますが、フリーランスは全て自分で行う必要があります。

空いている時間に一気に整理をし、確定申告で時間がかからないようにしましょう。

資産運用を始める

資産運用を始める時も、少し時間がかかります。

資産運用戦略を考えることも必要ですし、その戦略実行時にも、各証券会社や銀行にアカウントを開設したり、不動産投資であれば、物件を探したりと、やることは意外とたくさんあります。

また、既に資産運用を始めている方はこの機会にポートフォリオの見直しを行なっても良いかもしれません。

資格を取得する

資格を取得して、自分のスキルを磨き、できることを増やすことも時間のある時しかできないことです。

とくに、金融関連の資格には、独占業務のある資格も多く、その資格をもっていないとビジネスをできないものあります。

空き時間の間に、勉強を進め、資格を一気に取得してしまうこともよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください