持ち家か賃貸どちらがいい?答えは明らかです。

あなたの今の住まいは賃貸ですか、それとも持ち家ですか。

様々な意見があるかと思いますが、結論、私は持ち家の方が圧倒的によいと思っています。

実際、私も今年、5000万円程度の1LDKの新築マンションを購入しました。

正直なところ、賃貸であるメリットはほとんど皆無だと思っています。今回の記事ではなぜ持ち家がよいか説明したいと思います。

賃貸派の意見

賃貸派の意見を調べてみると、以下のような意見がありました。

それぞれ、一つ一つ論破したいと思います。

  1. 住み替えができない(隣人トラブル等があったとき移動の自由がないこと、子どもが増えたとき広い部屋にはできないこと、ローンを組むときは広い部屋で買うがローンを返済し終わったころは夫婦ふたりの狭い部屋でも十分でギャップがあること、など)
  2. 持ち家には固定資産税という負担がある
  3. 災害時のリスクがある(自分で立て替える)
  4. ローンの返済能力が今後数十年も確保できるとは限らない
  5. 日本の人口が減少するのだから今後家の値段は下がると思われること

1.持ち家なら住み替えできないのではないか?

賃貸派の人は家を購入してしまうと、住み替えたいときに対応できないのではないかと思っている方も多いでしょう。しかし、本当に持ち家の場合、住み替えできないのでしょうか。

いえいえ、持ち家でも、住み替えは可能ですよ。住み替える方法は2パターンあります。

・持ち家を賃貸に出す

・持ち家を売却する。

家を購入した後に、住み替えをしたい場合は、引越しをして、新しい家を借りて、自分の持ち家を貸し出せばよいのです。

持ち家に所有者が住まないといけないという法律はありません。そのような法律があれば、不動産大家業というビジネスはないですから。

持ち家を貸し出すこと以外にも、売却という手段もあります。

ある程度、ローンを支払いが終わっている場合は売却することで、利益も出るケースはたくさんあります。

売却によって得た資金で、新しい家を購入することで住み替えはできます。

賃貸よりも持ち家の方が住み替えに多少の手間はかかりますが、持ち家でも住み替えはできるのです。

2.賃貸なら固定資産税を払わなくていいのか?

確かに賃貸なら、固定資産税を払う必要はありません。

しかし、家賃や敷金・礼金などに固定資産税の分の費用が含まれているので、本質的には、固定資産税も借主が負担していることになります。

固定資産税は年払いですので、それが月額で請求されているという認識が正しいかと思います。

もう少し付け加えると、貸主は利益が出るように価格設定していますので、当たり前ですが、賃貸の方が割高になるのは当然です。

3.災害があったら、家がなくなるリスクがあるのでは?

確かに、築古で木造の物件で、地盤がよくない、川の氾濫リスクがあるような地域の物件を選んでしまうと、災害で家がなくなり、借金だけが残る可能性はあります。

しかし、そもそも災害リスクの高いエリアというのは事前調査によって、判明しているので、そのような場所を選ばなければよいですし、

築浅で鉄筋コンクリート造で、耐震マンションであれば、ほぼほぼ倒壊リスクなどないと思います。震度7は耐えることができる造りなっています。

もちろん、災害については100%大丈夫とは言えない部分はありますが、震度7より大きな地震が自分の住まいに発生するケースは無視できるほどの小さいリスクだと思っています。

また、地震保険をつけれる物件も多いので、心配な方は地震保険をつけておくとよいでしょう。(ちなみに私は地震保険はつけていません。)

4.ずっとローンを返済できるかわからない

同額のローンをずっと払い続けることができるかわからないから、賃貸でいつでも住み替えて、家賃を下げれるようにしておきたいという意見もあるようです。

ローンを返済できるか自信がなければ、ローンの返済額の小さい家を購入すればよいだけかなと思います。

また、1の住み替えできないのでは?の結論と同じで、貸し出すことによって、ローンを他人に払わせることもできるのです。

持ち家を持たず、ずっと死ぬまで賃貸のほうが生活が難しくなると思います。

5.日本の人口が減少して、今後価格が下がるのではないか?

確かに、人口減少によって、賃貸需要が少なくなる地域は多いです。

しかし、東京都内であれば、賃貸需要が下がらず、さらに需要が増えていくと考えられるエリアもあります。

この賃貸需要(人口予測)は各都道府県・市町村毎で算出されているので、事前に調べておき、著しく賃貸需要が下がらないエリアを選べばよいだけかなと思います。

また、人口が減り、賃貸需要が下がると思われるエリアでも、購入費用と賃貸費用の合計を比較したときに、購入費用の方が低いケースがほとんどだと思います。

持ち家の最大のメリット

持ち家はローンを支払い終わると家賃がかからないことが一番のメリットと考えている方が多いと思いますが、それ以外にもたくさんメリットはあります。

それは、持ち家を担保にして、資金を調達できることです。

リバースモーゲージ

リバースモーゲージとは、持ち家を担保にして、死ぬまで返済する必要のないお金を調達できる仕組みです。

持ち家の所有者が亡くなったら、その亡くなったの家の所有権を金融機関に渡す代わりに、返済不要の資金を調達できる方法です。

持ち家をもつことで、このような仕組みも利用できるのです。

最後に

結論、持ち家は早く購入すればするほど、金銭面で人生を豊かに暮らせるようになるのは明らかです。

とはいえ、業者に騙されて変な物件を購入してしまう可能性もありますし、物件選びに失敗すると、人生が台無しになってしまうリスクも少なからずあります。

そのため、まずは様々な不動産セミナーに参加して、勉強してから、不動産購入を検討することをお勧めします。

こちらの記事があなたのお役に立っていれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください